いちじくどら焼きの秘密@小野玉川堂

小野玉川堂さんの いちじくどら焼きについて紹介していきます。

開発秘話

幸田町にある『三州フルーツ工房』の完熟無花果を使った、いちじくどら焼きが完成しました

完熟いちじくを使って美味しいお菓子ができないか?と考え、1年かけて完成したのが超熟いちじくどら焼きです

どら焼きの皮と完熟いちじくの餡が絶妙なバランスでお茶のお供に最適などら焼きに仕上がりました。

2015年10月17日(土)より販売いたしました。 是非、ご賞味ください。

 

1点1点手づくりです

 

機械による大量生産ではなく、以下の写真のように1点ずつ手作りで、いちじくどら焼きは出来上がります。

手作りしてます

中の餡も、いちじくを加えて丁寧にてづくりしています。

いちじくとあんこ

 

いちじくどら焼きのメディア紹介例

岡ビズさんに相談した時このことが記事になりました!

http://www.oka-biz.net/case/entry-427.html

他サイトでも紹介されました

岡崎おでかけナビで紹介されました。

岡崎おでかけナビ イチヂクどら焼き

大正11年創業、薪で炊いた餡が自慢の和菓子店『小野玉川堂』が手掛けた新特産品が「岡崎おうはん使用 いちじくどら焼き」。通常の卵よりも卵黄比率の高い“岡崎おうはん”を使用したしっとりした仕上がりの生地に、愛知県の特産品である“いちじく”を使用した餡をサンドしています。
市場に出回るよりも熟した超熟いちじくを使用した餡は、生地へ浸透し、よりしっとりしたどら焼きに仕上がっています。
農家と提携し、地元の素材を使うことで、製造者の顔が見える新しい和菓子を提案し続けてくれることでしょう。
(小野玉川堂・住所/岡崎市伝馬通4-3・TEL/0564-22-0412)


ふるさと納税で取りあげられました。

ふるさと納税 いちじくどら焼き

 

丁寧に作っています

先日、中京テレビさんの『キャッチ』で、いちじくどら焼きを紹介して頂きました所、たくさんのお客様に超熟いちじくどら焼きをお買い上げ頂きました。大変感謝しておりますと共に、一度の生産量が最大80個ということもあり、生産が追いつかず、お客様には大変ご迷惑をおかけしております。

商品生産の安定に今後も力を入れていきたいと思います。お客様にはご迷惑をおかけしますが、今後もよろしくお願いいたします。

<追記>
1日 150個まで作れるようになってきました。頑張った時は(^^;
引き続きみなさまのご来店をお待ちしています。

インスタグラム

お問い合わせ

玉川堂
大正11年創業の老舗和菓子屋小野玉川堂です。
上質な材料を使い季節の和菓子、羽二重餅などを昔ながらの製法で手づくりしています。薪で焚いた餡が自慢です。

住所:愛知県岡崎市伝馬通4丁目3番地
営業時間:8:00~19:00
電話/FAX:0564-22-0412
定休日:火曜日

 

ネットでの直接の販売は現在やっていません。 ふるさと納税サイトでの提供はしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA